So-net無料ブログ作成
検索選択

金毘羅さん8(石段653段〜785段) [160827-29琴平・高松]

2,016年8月27日ー28日琴平ー高松

金毘羅さん7(石段520段くらい?〜653段): http://yoshy-papa4.blog.so-net.ne.jp/2017-06-06 の続きです。

昨年の夏、特典航空券を利用して、香川県の琴平・高松に行って来ました。
JAL477便 羽田 9:45発 → 高松 11:00着
ほとんどの都道府県に足を踏み入れたことはありますが、この香川県と富山県の二県だけ残っていました。

さて、金刀比羅宮まで785段(786段-1段)を登っています。

石段653段 遙拝所まで来ました。
石段652段 闇峠(あれっ、HPによると1段減っている?)
遙拝所を経て数十歩の間を闇峠といいます。生い茂る木々に囲まれ、静かな気持ちになります。伶人が奏する雅楽の音が木々の向うから聞こえてくれば、いよいよ本宮が間近であると実感することでしょう。闇峠には、花崗石神明造の鳥居があります。京都錦講より献納されたものです。HPより
右手に見えるのは、長い長い石段ですね。
741金毘羅さん1.JPG
本宮手水舎
鳥居をくぐると、正面に手水舎があります。手水舎は心身を清める所です。
手水作法
手水鉢の前に心静かに立ちます。
 右手で柄杓に清水を汲みます。
汲んだ清水を左手にかけます。
左手で柄杓に清水を汲み、右手にかけます。
右手で柄杓に清水を汲み、左手の掌に水を受けます。
掌の清水を口に含んですすぎます。
 柄杓を立てて、その柄に水を流します。(これは知りませんでした。)
柄杓を元の位置に戻します。HPより
マイナス1段
手水舎の手前で道が一段下がっています。表参道から本宮まで石段を上る中、唯一下がるのはこの1段だけです。 御本宮までの石段は785段といわれていますが、実は、「上がる」石段は786段あります。つまり、ここで1段下がることにより、786-1=785段となります。一説によると、786の「な・や・む」と読める語呂を忌み嫌い、一段下げて785段にしたといわれますが、定かではありません。HPより
741金毘羅さん2.JPG
あと少しと言われても・・・。
まだ、133段もあるんですね。orz
741金毘羅さん3.JPG
まだ登るんですか???
741金毘羅さん4.JPG
もう休み休みです。
鳥居の向こうに金刀比羅宮が見えます。
でも、ちょっと休憩しないと先に進めません。
741金毘羅さん5.JPG
下を見ると結構、急な石段でしょ?
741金毘羅さん6.JPG
百度石?
御百度参りをこの階段でするんですか?
741金毘羅さん7.JPG

741金毘羅さん8.JPG
この板で100回まで数えるんでしょうね。
でも、ここまで700段近く登ったのに。orz
741金毘羅さん9.JPG
ついに、785段まで登って来ました。
暑いし、足はフラフラだし・・・。
741金毘羅さん10.JPG

12:32に登り始め13:24に到着しました。
金刀比羅宮HPには片道30分ほどと記載されていますので、
かなりのんびりペースでした。

まだまだ続きます。
(ズーム写真は、コンデジ内の埃が目立ちますがご了承下さいm(_ _ )m )

昨夜の体重は、67.0kg(目標は64kg台なのですが)。
昨夜から見たTVドラマは、ひよっこ、女囚セブン(5/19)。
現在の風呂読書は、私本太平記 7 吉川 英治
昨夜の酒は、白ワインを1/4本(これで終了)と、
170519白ワイン1.JPG
ジン ヘンドリックスを水割りシングルで1杯と、
170428ジン ヘンドリックス5.JPG
ジャパニーズウィスキー サントリーオールドを水割りシングルで1杯。
170429ジャパニーズウィスキー サントリーオールド1.JPG